トップ 全国くだもの屋さんリストについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

くだものナビ北海道 > 観光農園原田園

観光農園原田園

観光農園原田園

果物狩りを楽しんだら…
手作りパイでホッと一息~♪

通称“フルーツ街道”沿いのログハウスの建物が目印。

仁木町特産のサクランボやリンゴ狩りのほか、イチゴやミニトマト、ブドウ、プルーン狩りができます。

※雨よけ施設あり

※雨天でも、フルーツ狩りをお楽しみ頂けます。。

観光農園原田園:DATA
住所〒048-2413
北海道余市郡仁木町南町5丁目56
電話0135-32-2280
FAX0135-32-2293
URLhttp://www3.ocn.ne.jp/~haradaen/
営業*月~金 10:00~18:00
*土・日曜、祝日 09:00~18:00
*フルーツパーラー原田 10:00~18:00※不定休 7月~8月は無休(季節によって変動あり) ※12月~翌2月休業
駐車場駐車料金 無料
業種いちご園、果樹園、観光果樹園、観光農園、喫茶店、さくらんぼ園、ファミリーレストラン、フルーツパーラー、洋食レストラン、レストラン
アクセス(車)
○JR仁木駅から約10分
お役立ち情報◆入園料◆
♪さくらんぼ・いちご
●大人中学生以上〓1000円●子供〓800円●幼児/4歳・5歳〓400円
♪ぶどう/ハウス
●大人中学生以上〓800円●子供〓400円
♪ぶどう/路地
●大人中学生以上〓600円●子供〓400円

*併設のレストランでは手作りのアップルパイやパンプキンパイがおすすめ!テイクアウトもできます。

*おみやげに、ミニトマトを使った濃厚なトマトジュースやオリジナルジャムがおすすめ!

観光農園原田園の地図

北海道余市郡仁木町南町5丁目56

観光農園原田園の詳しい情報です!

◆果物の名前/品種/収穫時期(直売時期)

*いちご/宝交早生/6月~7月上旬
*さくらんぼ/佐藤錦・水門・南陽・ゴールドキング/7月~8月
*プラム(すもも)/大石/7月後半~8月
*梅/7月後半
*桃/大久保/8月
*プルーン/サンプルーン・パープルアイプレジデント/9月~10月
*ぶどう/バッファロー・デラウエアポートランド・旅路キャンベルス・ナイアガラ/9月~10月後半
*梨/千両梨・長十郎/10月
*りんご/北上・つがる・レットゴールドハックナイン・あかね/9月後半~11月
*ミニトマト・トマト/キャロル7・桃太郎/8月~11月

*当園オリジナルジュース(りんご・ぶどう・とまと)

*当園オリジナルジャム(りんご・チェリー)

*美味しいソフトクリームもあります

§: フルーツパーラー原田 :§

☆自家製果実を使ったデザートが絶品!!
小樽市と仁木町を結ぶ通称フルーツ街道沿いに建っています。
丸太を使った大きなログハウスは、メルヘンチック。二階建ての広々とした店内は、大人数でもくつろげる空間です。
もともとは観光果樹園で、園内で育てている果物を使ったデザートの人気が高く、特に手作りパイはさっぱりとした甘みが絶品。他にもフルーツやデザートが付く名物のビーフシチュー、パスタ類もおすすめです。ドライブの際、静かなロケーションも満喫していただけます。お気軽にお立ち寄り下さい。

〔 MENU 〕
◎手作りアップルパイ…1050円
◎ビーフシチュー…1890円
◎ケーキセット…630円

◆座席数:50

◆平均予算:1500円程度



スポンサー広告

ネットショップ広告


くだものナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ くだもののジャム

ジャムはくだものの果汁や果肉に砂糖やはちみつを加えて加熱し、煮詰めて保存可能にした食品です。フランス語ではコンフィチュールと言います。また、果実の原型が残っているものはプレザーブ、かんきつ類の皮が含まれているものをマーマレードと言います。ジャムの起源はとても古く、紀元前320年頃、アレクサンダー大王が、貴重な砂糖をヨーロッパに持ち帰った時ジャムが作られ、王侯貴族僧侶が、珍重して食べたのが始まりといわれます。 ジャムというと、パンやトーストにぬったりヨーグルトにいれるのが一般

くだものナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。